開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2009/03/02

【セミナーレポート】今こそ、ITシステムを見直して運用・管理コストを削減するチャンス!

2月17日開催「戦略投資比率を上げる! システム運用管理の処方箋」

本セミナーの前日、「GDPマイナス12.7%」というショッキングなニュースがメディアを駆け巡った。まさに今は、世の中全体に暗雲が垂れ込めている状況だ。しかし、そんなときだからこそ、やっておくべきことがある。あるいは、現在のような苦境でしかできないことがある。ITシステムのムダにメスを入れ、増大する一方の運用管理コストを低減し、企業システムの全体最適化をはかるのに絶好の機会が"今"なのである。セミナーでは、その具体的な方策が次々と示された。

ピンチはチャンス!
今こそ過去のしがらみを排してIT基盤の抜本的改革を

【ITアーキテクト】

NEC
第一システムソフトウェア事業部 事業部長
森 正氏

 セミナー冒頭では、NEC 第一システムソフトウェア事業部 事業部長 森正氏が挨拶に立った。「100年に一度」とも形容される現在の不況の中、多くの企業が苦境に立たされている現状に触れたあと、「しかし、ITシステムは企業の競争力の源泉である。今、ITシステムを見直して、適切な投資を行うことが、不況の先に備えることになる」と強調した。

 続いては、『激動の時代におけるIT投資戦略~コスト削減と戦略性強化の両立』のタイトルで、テックバイザージェイピー(TVJP) 代表取締役である栗原潔氏が基調講演を行った。まず、IDC Japanのデータを示してリーマンショック以降の企業のIT投資意欲が大きく落ち込んでいることを紹介。それによれば、リーマンショック後、IT投資を減額すると回答した企業数が27%から51%に増加し、増額すると回答した企業数が20%から3%に急減しているという。

【ITアーキテクト】

テックバイザージェイピー(TVJP)
代表取締役
栗原 潔氏

 こういった厳しい状況で、最もやってはならないのは「戦略性のない予算の一律カット」であると断言。IT投資の削減をダイエットにたとえ、「タンパク質も炭水化物も一律にカットすれば、体力そのものがもたない。現在のように経営環境が厳しいときこそ、フォーカスを定めたIT投資が重要である」と説明し、そのためにはポートフォリオ的な発想でメリハリのあるIT投資を行うことが重要だと強調した。

 そこで重要になるのが、IT投資を特性ごとにグループ分けし、グループごとに投資戦略を立て、全体のリスクとバランスをとることである。グループ分けにはいろいろな手法があるが、その1つが「差別化要素(コア)」と「非差別化要素(コンテキスト)」であると説明し、いかなる状況においても、一定の予算を戦略的IT投資(差別化のためのIT投資)に割り当てておくべきだと強調した。

 そして、IT投資の削減においては「新規システムへの投資を可能な限り維持しながら、既存システムの保守コストを削減することが重要である」と説明し、そのヒントとして、調達の一本化・大口化によるコスト低減、過剰なサービスレベルの適正化、見えないコストの「見える化」などを提示した。

 新規システムへの投資では、ローリスク・ミディアムリターン型の投資にフォーカスすべきであるとし、その例として 【1】仮想化によるサーバ統合 【2】帳票ソリューション 【3】運用の自動化 【4】クラウド・コンピューティングの活用 の4つを挙げた。

 最後に、改めて「ピンチはチャンスである」と強調。「現在のような危機のときこそ、過去のしがらみや感情的反対を排して、IT基盤の抜本的改革を行うチャンスである」と語って講演を締めくくった。


この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

電子帳票・帳票出力 ジャンルのトピックス

電子帳票・帳票出力 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!