開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • グーグルvsアップル鮮明に、米アップルがモバイル広告を手がけるQuattro Wirelessを買収

  • 2010/01/06

グーグルvsアップル鮮明に、米アップルがモバイル広告を手がけるQuattro Wirelessを買収

米アップルは、モバイル向けの広告事業を手がける米Quattro Wirelessを買収した。

 米アップルは、モバイル向けの広告事業を手がける米Quattro Wirelessを買収した。米Quattro WirelessのCEOであるAndy Miller氏は、アップルのモバイル広告担当バイスプレジデントに就任する予定。

 Quattro Wirelessでは、モバイル向けWeb広告のほか、アップルのiPhoneやグーグルのAndroidのアプリケーション内の広告も手がけている。グーグルは2009年11月にQuattro Wirelessと競合するAdMobを買収すると発表しており、本日グーグルが発売を発表したスマートフォン「Nexus One」とあわせて、モバイルプラットフォーム上での両社の対決姿勢がよりいっそう鮮明になった。

 電通によれば、日本でもモバイル広告市場は2008年度913億円で前年比147%増と急拡大。キャリア主導の日本で、今回の買収がどのような影響を及ぼすかは未知数だが、スマートフォンの場合は広告配信方法の自由度も高く、アプリケーション上の広告は原則キャリアのおよばない範囲のため、モバイル広告の主戦場が変化していく可能性もある。

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!