開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2011/02/16

モバイル写真共有の新星インスタグラム成功の選択:○○はビジネスになるか(19)

Webサービスを展開するうえで大事なことは何か

ネット上で一般ユーザーコンテンツを一挙に増やしたのはブログと写真共有だ。このうち写真共有はデジタルカメラがコンパクトに安価になっていくのに合わせて成長し、ヤフー傘下のFlickr、グーグルのPicasa、Twitterと連動するTwitpicなど多くのサービスが普及した。もう飽和状態かと思われたのだが、まだまだ新しいサービスが入る余地があるようだ。急成長して注目を集めている新興写真共有サービス「インスタグラム(Instagram)」は、Webサービスを展開するうえで、本当に大事なことは何かを改めて考えさせてくれる。

行宮翔太

行宮翔太

ローカルTV記者、全国紙記者を経て、ITやビジネス分野のライティングを手がける。NTTPCコミュニケーションズ運営時のCNET、(株)ガリレオの「Infostand」などで執筆。四半世紀以上前に数年間住んだインドが“IT先進国”になったことを、どうしても信じられない。

4カ月で175万のユーザーを獲得

 インスタグラムは2010年10月にサービスを開始し、最初の1週間で10万ユーザーを集めて評判になった。今年2月初めの段階でユーザー数は175万に達しているという。たった4カ月で、これほどのユーザーを獲得しただけでも驚きなのだが、オープンなWebではなくiPhone限定サービスでなのだから、もっとすごい。当然、投資家の関心も呼び、ベンチャーキャピタルから700万ドル(約5.8億円)の資金提供を受けることが決まった。現在、最も注目されるソーシャルサービス企業の一つだ。

 インスタグラムは一言でいうと、iPhoneアプリで簡単に写真の加工・共有ができるソーシャルサービスである。基本的に、写真の加工とソーシャルネットワークでの共有という2つの機能しか持っていない。

 使い方はシンプルだ。iPhoneの内蔵カメラで写真を撮影、またはアルバムの写真を選択して、「効果フィルター」を選んで適用。タイトルを付けて「完了」するだけで、ユーザーに公開される。フィルターは現在14種類(加えて無加工のノーマル)で、セピア調など、いろいろなタッチに変換できる。製作してアップするまで1分もかからない。何の変哲もない風景写真が簡単にアート写真風になる。

photo
インスタグラムのフィルターを適用した写真。左上がオリジナルの未修正写真

 ソーシャル機能では、作品にコメントを付けて(なくてもかまわない)公開。他のユーザーは、これ見をてフォローしたり、「いいね」投票やコメント付加ができる。新しいフォローやコメントがあると、「ニュース」として作者に通知されるようになっている。

photo
「ポピュラー」ページでは、人気の高い最新の写真を一覧で見られる

 さらに作品は、他のソーシャルサービスにも同時投稿できる。連動できるソーシャルサービスは、Twitter、FlickrFacebookfoursquareTumblrPosterous、で、使い慣れたサービスと連動するので、乗り換えに悩むこともない。foursquareでは、位置情報を付加しての写真投稿が可能だ。

【次ページ】インスタグラムの魅力とは?

新製品開発 ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!