開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2011/04/05

川崎重工、名古屋と明石の工場に太陽光発電設備を設置

川崎重工は5日、名古屋第一工場と明石工場に太陽光発電設備を導入したと発表した。

 航空機部品を製造する名古屋第一工場は、太陽光発電設備を2010年3月に完成した南工場の屋上に設置。750kWの出力が可能で、名古屋第一工場全体の電力消費量の約5%をまかなう。

 二輪車やガスタービン発電設備、産業用ロボットを製造する明石工場は、100kWの設備を導入、発電した電力は同工場内で使用するとしている。

 川崎重工は、以前より国内工場に太陽光発電設備の設置を進めており、今回の設置で総出力は、約1,460kWになるという。また、神戸工場では、太陽光発電設備に同社のグループ会社である日本飛行機株式会社が開発した小型風力発電設備や自社開発のニッケル水素電池「ギガセル」を組み合わせた新エネルギー複合システムの導入を予定している。

photo
名古屋第一工場の太陽光発電設備

省エネ ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!