開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/11/01

フジタクシー、スマートフォンを活用した配車管理システム導入で、配車時間を最大10分の1に

タクシー事業を展開するフジタクシーグループは1日、スマートフォンを活用した新たなタクシー配車管理システム「SMART」に全面移行することを決定したと発表した。

 タクシー事業を展開するフジタクシーグループは、タクシー無線などの専用機器を使った配車管理システムからスマートフォンを活用した新たなタクシー配車管理システム「SMART」に全面移行することを決定し、1日よりスマートフォン「SoftBank X02T」を500台導入した。

 「SMART」は、携帯電話ソリューションの開発、構築、運用を手がけるリアライズ・モバイル・コミュニケーションズが開発した新たな配車管理システム。フジタクシーとリアライズ・モバイルは2010年11月から4か月にわたってフジタクシー実車での端末操作や運用面の実証実験を行った結果、従来のタクシー無線による配車業務と比較して配車時間が最大約10分の1に短縮されるなど、業務効率の改善に大きな効果が得られることが確認されたことから、今回の全面移行が確定した。

photo
「SMART」システム概要図

 「SMART」では拡張性の高いWindows Mobileベースのスマートフォンとモバイルネットワークを使い、これをプラットフォームとすることで、配車業務や待機中の車両管理から、将来的にはナビゲーションや料金決済のシステムまで、運行時に必要なすべての業務機能をワンストップで構築、提供が可能だ。さらに今後はタクシーに搭載されている計装機器や決済などさまざまなシステムとの連動を実施していくほか、Windows Mobileだけでなく、他のプラットフォームのスマートフォンへの拡張についても検討するという。

 今回、フジタクシーは「SMART」への全面移行に伴い、ソフトバンクモバイルの「SoftBank X02T」を導入することで、従来は個別のシステムで運用されていた配車などの運行支援や業務管理をスマートフォンの利用で一本化し、効率的なシステム構築でタクシー無線のデジタル化への設備投資コストの大幅な削減を図ると共に、スマートフォン機能を活用した迅速できめ細かな配車サービスを実現する。

photo
タクシー車両側画面

設備投資 ジャンルのトピックス

設備投資 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!