開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/11/01

東電、今冬の電力を確保 「無理のない範囲で節電を」

東京電力は1日、今冬の電力需給の見通しについて発表した。発表によれば、今冬は電力を安定供給を確保できる見通しだという。

 今冬は、定期検査に入る予定の柏崎刈羽原子力発電所5号機などの減少要因があるものの、地震により被災した共同火力の一部運転開始などの増加要因を織り込んだ結果、5,490万kW(12月末)、5,460万kW(1月末)、5,370万kW(2月末)の供給力を確保できる見通しとなった。

 これは、昨年冬期の最大電力である5,150万kWに対して220~340万kW程度の供給予備力を確保できることになる。

 今冬は安定供給を確保できる見通しだが、電源の計画外停止や急激な気温の変化による需要増加の可能性もあり、東電では「無理のない範囲での節電」への協力を呼びかけている。

 東電によれば、冬場の電力ピークは17~19時頃(夏場は14~15時)。夏期と比較して昼夜の差が小さく、フラットな需要カーブになるという。

photo
夏の電力需要と冬の電力需要の違い

 さらに、冬の「電気の上手な使い方」として、企業向けには建物内の温度調整、LED電球の採用、PCのスリープ設定などによる電力消費削減を推奨している。

電源・空調・熱管理 ジャンルのトピックス

電源・空調・熱管理 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!