開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2011/12/19

富士通、2012年4月に地域SE会社を再編・統合へ

富士通は、地域SE会社を再編・統合しソリューションビジネスの体制を強化すると発表した。

 富士通は、同社の地域SE会社を再編・統合し、2012年4月より東日本、西日本、九州の3地域を中心とした新たな地域SE体制を構築すると発表した。新体制の中核となる東日本新会社、西日本新会社は、それぞれ売上高1,000億円規模となる見込み。

 今回の再編・統合により、これまで地域SE会社各社に分散していた経営資源・ノウハウを富士通グループとして集約し、リソースの有効活用や開発投資の効率化につなげる方針。その上で、クラウドなどのサービスビジネスへの対応強化、グローバル化の加速、地域ビジネス拡大に向けた競争力強化を図る方針だ。

 東日本においては、富士通システムソリューションズ、富士通北海道システムズ、富士通東北システムズ、富士通長野システムエンジニアリングの4社を統合し、また西日本においては、富士通関西システムズ、富士通中部システムズ、富士通中国システムズ、富士通岡山システムエンジニアリング、富士通四国システムズ、富士通西日本アプリケーションズの6社を統合する。またこれに加えて、2009年4月に設立した富士通九州システムズが九州を担当し、あわせて3拠点を中心とする。また、それぞれの中核会社には、特定の事業に特化した子会社を配置し、地域ビジネスの拡大を目指す。

photo
図:地域SE会社新体制

競争力強化 ジャンルのトピックス

競争力強化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!