• 会員限定
  • 2024/03/01 掲載

苦戦の中部空港と大盛況の福岡空港、インバウンドでどう変わった?コロナ後の空港動向

連載:「コロナ後のインバウンドの行方」

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
国際線運航便数の回復の影響もあり、訪日外国人(インバウンド)が順調に回復している。羽田空港など主要空港が復活基調をたどるが、苦戦する地方空港も見られる。そこで、地方空港から入国してもらい地方空港から出国してもらう「地方イン地方アウト」が再び注目されている。地方イン地方アウトが進展すればオーバーツーリズム解消の一助となり、地域経済振興も期待されるが、増便・復便を阻む課題は山積みだ。解決策はあるのだろうか。

執筆:東レ経営研究所 チーフアナリスト 永井知美

執筆:東レ経営研究所 チーフアナリスト 永井知美

東レ経営研究所 チーフアナリスト。東京大学文学部ロシア語・ロシア文学科卒業、山一証券経済研究所入社。1999年から東レ経営研究所。製造業、コンビニ、訪日観光等、幅広い分野をウォッチしている。 日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)。金融庁企業会計審議会委員(企画調整部会。2005年1月~2015年1月)、内閣府統計委員会専門委員(2014年~2015年)、経済産業省新たなコンビニのあり方検討会委員(2019年~2020年)等を歴任。 共著に「図解即戦力 工作機械業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書」(技術評論社、2022年6月発刊)」。

photo
図表1:空港別国際旅客定期便の便数推移(後ほど詳しく解説します)
(出典:国土交通省「2023年冬期スケジュール 国際線定期便の概要」)

過去“最高”更新基調のインバウンド

 訪日外国人(インバウンド)が順調に回復している。2023年の訪日客数は2507万人と、通年で2500万人を突破した。過去最高だった2019年の3188万人には及ばないが、2022年が383万人にすぎなかったことに比べると隔世の感がある。

 2024年1月の訪日客数を見ると、インバウンドの回復はより鮮明である。同月のインバウンドは269万人と、主要23市場のうち韓国、台湾など10市場が1月として過去最高を更新した。

 コロナ前に客数・旅行消費額の両面で主役だった中国客の戻りが悪いにもかかわらず、インバウンドは驚くべき回復を見せている。背景にあるのは文化・自然資源に恵まれた旅行先としての日本の魅力に加え、諸外国に比べあまり物価が上昇していないこと・円安によるお得感がある。2022年10月にコロナ水際対策が本格的に緩和されて以降、国際線運航便数が着実に増加していることも大きい。

着々と回復する国際線運航便数

 国際線運航便数(旅客定期便)は、コロナ禍でいったん大きく落ち込んだが、2022年冬季スケジュール以降、力強く回復している(図表1)。卵が先か鶏が先かよく分からないが、飛行機が飛べばインバウンドが増え、インバウンド需要があればそれにこたえようと復便・増便の動きが出る。

画像
図表1:空港別国際旅客定期便の便数推移
(出典:国土交通省「2023年冬期スケジュール 国際線定期便の概要」)

 2023年冬季当初の運航便数は4311.5便/週と、コロナ前の約8割の水準まで戻した。ただ、回復の度合いには濃淡があり、中国を除くアジア路線と米国路線は順調だが、中国路線と欧州路線は回復が鈍い。

 最も便数が多く、コロナ前に比べても復調著しいのが韓国である(図表2)。比較対象の2019年に日韓関係が悪化して減少していた反動増もあるが、格安航空会社(LCC)が多数就航していることも大きい。

画像
図表2:国際線定期便(旅客便)方面別動向
(出典:国土交通省「2023年冬期スケジュール 国際線定期便の概要」より筆者作成)

 空港別に見ると、韓国路線が多いのは関西(338便/週)、成田(246便/週)、福岡(225便/週)である。大韓航空やアシアナ航空のようなフル・サービス・キャリア(FSC。高価格だがサービス・座席の水準が高い航空会社)はどの空港でも便数の3割弱を占めるにすぎず、関西に至っては8割弱が済州航空、ジンエアーなどのLCCである。

 韓国路線は成田-ソウル(仁川)でも約2時間40分しかかからない。筆者もLCCでソウルに行ったことがあるが、安い割にはサービスも悪くないしお尻も腰も痛くならなかった。韓国客にとって訪日旅行は国内旅行の延長感覚である。LCCに乗って気軽に訪日し、グルメ、温泉、ゴルフ、山歩きなどを満喫している。便数の多さ・安さが、韓国客が中国客を抜いてインバウンドの主役に躍り出た一要因になっている。

 一方、遠距離にもかかわらず便数を伸ばしているのが米国である。米国に比べれば物価水準が低く、商品もサービスも高品質な日本がお気に召したのだろうか。中間層が拡大している台湾、香港、東南アジアもおおむね順調に回復している。

画像
次のページでは、国際線定期便(旅客便)空港別動向のについて詳しく解説します
【次ページ】明暗はっきり、各空港の復活度合い

関連タグ

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます