開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/07/06

アビームコンサルティング、大阪ガスと共同開発の「統合エネルギー戦略策定支援サービス」提供開始

アビームコンサルティングは、企業のエネルギーリスクを見える化する統合戦略策定支援サービスを提供開始した。

 アビームコンサルティングは、東日本大震災以降、重要度が高まっているエネルギー問題に対応するため、日本初の新たなスキームを使ったより実用的なエネルギー戦略策定のための「統合エネルギー戦略策定支援サービス」の提供を7月6日より開始した。これまで個別に提供していたアビームコンサルティングのエネルギー・カーボンリスク(CO2排出等)対策支援や、天災等に備えた事業継続管理体制整備支援などに関する知見やノウハウを結集させ、東日本大震災後の新たなニーズを受けて更に強化したもの。

 「統合エネルギー戦略策定支援サービス」は、(1)「従来の平常時における省エネ・CO2削減などのエネルギー対策」に、(2)「計画停電や電力使用制限令(節電要請)などの緊急時のエネルギー対策を統合し連動」、さらに(3)「緊急時における取引先からの原料調達の遅延や生産停止による収益機会損失・マーケットシェア低下などのサプライチェーンにおけるエネルギーリスクを評価・分析し、エネルギー対策をサプライチェーンに拡大」させることで、より効率的かつ安定的な事業の継続・発展を、エネルギー戦略の側面から支援することができる日本初のサービス。

 本サービス提供用に、大阪ガス エネルギー事業部 北東部エネルギー営業部と共同開発した「BCPエネルギーリスク分析スキーム」を使い、計画停電や電力使用制限令(節電要請)による工場の生産シフトや停止など、緊急時のエネルギーリスクが企業経営に及ぼす影響について独自に開発した評価指標を用い企業経営への影響度を数値化する。想定される金額的な影響について算定しエネルギーリスクの見える化を行うことで、事業継続計画をはじめとした企業経営と整合性のあるエネルギー戦略の策定を支援する。

新エネルギー ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!