開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/15

SAPジャパン、ビッグデータへの対応を強化した中堅中小市場向けBIソリューション

SAPジャパンは15日、中堅中小市場向けのBIソリューションの新版、「SAP Crystal Solutions 2013」を提供開始すると発表した。

 SAP Crystal Solutionsは、中堅・中小企業や部門レベルでの使用に適したエントリーレベルのBIソリューションで、直感的なセルフサービス方式で情報にアクセスし、レポート/帳票、ダッシュボード、データ検索・閲覧を行える環境を整備できる。

 SAP Crystal Solutions 2013の各モジュールには、SAP Crystal Reports 2013、SAP Crystal Server 2013、SAP Crystal Reports for Enterprise 4.1、SAP Dashboard Design 4.1が含まれ、品質改善に加えて下記の新機能が追加されている。

●ビッグデータへの対応強化
SAP HANAおよびHadoopとの接続強化、Amazon EMRへの対応

●モバイル対応の強化
SAP Crystal Serverモバイルのアプリケーション拡張により、「帳票閲覧/ダッシュボード閲覧」と「分析」が一つのアプリで操作可能に

●対応プラットフォームの拡張
Oracle EssbaseやOracle OLAPへの接続機能の追加

 Crystal Solutions 2013は、エントリー版として手軽に始めることができるSAPのBIソリューションだが、これらの新機能によりビッグデータにも接続することができるようになった。またモバイル対応においても、思考の流れを中断せず、帳票閲覧から分析作業へと連続操作が可能になっている。

 SAP Crystal Solutions 2013は、SAP BusinessObjects 4.1に対応する製品として位置づけられており、対応データベースや、対応プラットフォームなどさまざまな前提をSAP BusinessObjects 4.1と共通化してサポート対応している。

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのトピックス

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!