開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/05/22

Googleが投資した「Tamr」とは? 使うほどに賢くなるデータウェアハウス

データベースの大御所として知られるマイケル・ストーンブレイカー氏。IngresやPostgresといったリレーショナルデータベースの先駆けとなる製品を開発、InformixのCTOを務め、またカラム型データベースのVerticaを創業、最近ではVoltDBを創業するなど、データベースの先端技術を商用化し続けてきました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 そのストーンブレイカー氏が共同創業者として立ち上げた企業が「Tamr」(テイマーと発音するようです)です。同社は5月19日、Google Venturesなどから1600万ドル(約16億円)の投資を受けるのと同時に、同社製品(社名と同じTamr)を発表しました

高度なデータウェアハウスをほぼ自動的に作ってくれる

 Tamrとは、これまでストーンブレイカー氏が関わってきたようなリレーショナルデータベースやNoSQLデータベースとはまた違う分野の製品となっています。プレスリリースでは、次のように説明されています。

 Tamr’s scalable platform for data curation lets businesses connect and enrich all their data, including internal data sources and external public data sources, as well as feeds from the Internet of Things.

 Tamrのデータキュレーション向けスケーラブルプラットフォームは、データをビジネスにつなげ、より活用できるようにします。そこには社内のデータソースや社外の公開されているデータソース、そしてInternet of Thingも含まれます。

 仕組みを図にしたものをTamrのWebサイトから引用しましょう。社内あるExcelシートなども含むさまざまなデータ、データベースをTamrは関連付け、整理、統合し、分析しやすくしてくれる、というもの。それを実現するために機械学習などのアルゴリズムを用い、さらに不明な点は人間にシンプルな質問として投げかけてくれます。

photo

 機械学習によってTamrは使うほどに賢くなってくれるとのこと。つまり、データ分析に活用できる高度なデータウェアハウスを半自動で作ってくれるソフトウェアといえそうです。

 Tamrは「野生動物の調教師」を意味する英単語「Tamer」のeを省略したものに相当します。あちこちに点在し、しかも膨れ上がっていくデータを手なずけるためのソフトウェアという意味に重ねているのではないでしょうか。

データキュレーションの自動化へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

データベース ジャンルのトピックス

データベース ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!