• 2023/12/05 掲載

米エヌビディア、日本に開発拠点設置の意向=西村経産相

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
Miho Uranaka

[東京 5日 ロイター] - 西村康稔経済産業相は5日の閣議後会見で、米半導体大手エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)から、日本における研究開発拠点の設置の意向が示されたことを明らかにした。大規模言語モデルに加えて、日本が強みを持つロボティクスの分野でのモデル開発に「強い期待感が寄せられた」という。

西村経産相は会見に先立ち、都内でフアンCEOと面会した。エヌビディアと産業技術総合研究所との連携強化についても協議し、今後具体策を詰める。産総研はこれまでもエヌビディアからGPU(画像処理半導体)の供給を受けており、AI(人工知能)用スーパーコンピューター「ABCI」など国内最大の計算基盤を有している。連携を強化し、日本の生成AI開発を加速していきたい考え。

西村経産相によると、フアンCEOからはこのほか、スタートアップ関連企業との連携・投資、AI人材の育成に関しても発言があった。同CEOは前日に岸田文雄首相と面会し、日本国内でのGPU提供の要請に対しできる限り応じていく考えを示していた。

西村経産相は会見で、ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業で、超高効率のAI計算基盤の研究開発を行うプリファードネットワークス(東京・千代田)を採択することも発表した。AIの急速な拡大に伴い計算資源の低消費電力化が喫緊の課題となる中、AI用半導体の低消費電力化や、データ処理需要に対する計算資源の割り当ての最適化などを進める。

関連タグ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます