• 2024/07/10 掲載

日本の金利上昇、信用力にプラス効果も=フィッチ幹部

ロイター

photo
  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
Makiko Yamazaki

[東京 10日 ロイター] - フィッチ・レーティングスのディレクター、クリスジャニス・クラスティンス氏は10日、ロイターとのインタビューに応じ、日本の物価・金利上昇は同国の信用力にプラスになる可能性があるとの認識を示した。

財政への圧力は強まるが、インフレで債務負担が軽減され、生産性が向上する可能性があるとしている。

同氏は「金利とインフレ率の上昇は人々が考えているよりポジティブだ」と指摘。インフレ率の上昇で債務残高が実質的に目減りし、債務の対国内総生産(GDP)比率の低下に寄与するとの見方を示した。

また、労働者が収入アップを求めて転職する可能性や、企業が長期的な効率をこれまで以上に重視する可能性もあると予想。

「資本と人材が解放され、より生産的なことを行える。それがどの程度起きるかは分からないが、これは日本にとって潜在的に非常に大きなプラス効果をもたらし得る副次的影響の1つだ」と述べた。

債務の対GDP比率は近年改善しており、この比率が持続的に低下すれば「格上げ方向への動きにつながる可能性がある」とも発言。「具体的な基準値はなく、トレンドが重要だ。だが不可能でないことは明らかだ」と述べた。

財政健全化が依然として日本の課題だとも指摘。日本政府が来年度の基礎的財政収支の黒字化を目指していることについては、目標達成は予想していないが「この目標について過度に心配したことはない」と述べた。

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます