開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/07/07

仏経済、第3四半期は急回復 現行の経済活動維持なら=中銀

ロイター

[パリ 6日 ロイター] - フランス銀行(中央銀行)は6日、国内の経済活動が少なくとも現行水準を維持すれば、第3・四半期の国内総生産(GDP)が14%拡大するとの見通しを示した。前四半期の落ち込みから急回復し、2020年の見通しを上方修正する可能性があるという。

第2・四半期のGDPは14%縮小を想定。従来の15%縮小からやや上方修正した。

フランス政府は3月中旬に欧州で最も厳格なロックダウン(都市封鎖)措置を実施し、第1・四半期のフランス経済は5.3%縮小した。ただ、ロックダウン措置は5月11日から解除が始まった。

中銀の試算によると、国内の経済活動は通常状態を7%下回る水準にあるという。先月は9%、3月のロックダウン開始時は32%下回っているとしていた。

また、経済回復が持続し、新型コロナの感染が抑制され続ければ、今年の10%縮小見通しを上方修正する可能性があるとした。政府予測は11%縮小となっている。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!