開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/01/15

小田急電鉄とJR東日本、オンデマンド交通を活用するMaaSの実現に向けた実証実験を実施

小田急電鉄

photo

小田急電鉄株式会社(東京都新宿区 取締役社長:星野 晃司/以下「小田急電鉄」)と東日本旅客鉄道株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:深澤 祐二/以下「JR東日本」)は、2021年1月18日(月)から3月12日(金)まで、町田市内にてオンデマンド交通を活用するMaaSの実現に向けた実証実験を実施します。小田急電鉄とJR東日本は、鉄道会社間の境界を越えて"シームレスに移動できる社会の実現"に向けた連携を推進しており、本実証実験は、東京都が公募した「令和2年度 MaaS 社会実装モデル構築に関する実証事業」に選定され取り組むものです。

オンデマンド交通は少人数・定員制の交通サービスであり、新しい生活様式を見据えた移動手段として活用いただけます。新型コロナウイルス感染症拡大防止策を講じながら実証運行してまいります。

今回、小田急・JR横浜線「町田駅」と路線バスで結ばれ、幅広い年代層が居住し多様な生活サービス施設が整備された町田市山崎町周辺エリアにおいて、小田急グループの神奈中タクシーがオンデマンド交通「E-バス」を実証運行します。また、町田駅直結の「小田急百貨店町田店」「ルミネ町田」では、一定金額以上お買い上げいただいたお客さまに「E-バス」と神奈川中央交通の路線バス(一部の系統のみ)を無料でご利用いただけるチケットを発行し、駅周辺の商業施設と公共交通の一体的な利用による相乗効果を検証する"公共交通および駅周辺商業施設の連携策"を展開します。さらに、JR東日本が提供する「リアルタイム経路検索」の対象に小田急線と神奈川中央交通の路線バスを追加し、両社の公式アプリ(「EMot」「JR東日本アプリ」)にて提供し、より移動利便を高めます。

両社のMaaS分野での連携は、2020年1月から3月にかけて「『立川おでかけアプリ』を用いた立川駅周辺エリアにおけるMaaSの実証実験」に次ぐ2度目の連携となります。また、「E-バス」は、小田急電鉄を中心に、同エリア内で昨年11月16日から約1カ月間、無償での実証運行により需要等を検証しています。本実証ではサービス実用化に向けてさらなる運用上の改善を図り、有償での運行を開始します。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!