開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/05/12

東芝の取締役会、UBSを財務アドバイザーに任命へ=関係筋

ロイター

photo

[東京 11日 ロイター] - 東芝の取締役会は、投資ファンドによる潜在的な買収提案に直面する中、戦略の見直しを図るため、UBSを財務アドバイザーに任命する予定だ。複数の関係筋が明らかにした。

UBSからのコメントは得られていない。東芝はロイターへの声明で、個別の案件にはコメントしないとしながらも、アドバイザーの起用は意思決定の透明性向上に資すると述べた。

英CVCキャピタル・パートナーズは先月、東芝に買収提案を行ったものの、東芝はCVCの初期提案を「評価不可能」として応じない方針を表明。その後、ベインキャピタルやKKRなど複数の投資ファンドが東芝への買収提案を検討していることが、関係者らの話で明らかとなった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!