開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/05/12

米求人件数、3月は812.3万件に増加 統計開始以来最高

ロイター

photo

[ワシントン 11日 ロイター] - 米労働省が11日に発表した3月の雇用動態調査(JOLTS)は、求人件数が前月比59万7000件増の812万3000件と、2000年12月の統計開始以来最高となった。ただ、採用件数は求人件数ほど伸びず、労働者不足が雇用拡大の妨げになっていることが示された。

求人件数の内訳は、宿泊・飲食サービスが18万5000件増加。州・地方政府の教育分野で15万5000件増加した。芸術・娯楽・レクリエーションは8万1000人増加。製造業、貿易、運輸、公益、金融でも増加したが、医療や社会支援では減少した。

地域別では北東部と中西部が増加した。

求人率は2月の5.0%から5.3%に上昇した。

採用件数は600万件と前月の580万件から増加。州・地方政府の教育分野が増加したほか、教育サービス、鉱業、木材でも増加した。採用率は4.2%と2月の4.0%から上昇した。

レイオフ件数は150万件と前月の170万件から減少し過去最低となった。レイオフ率は1.0%と2月の1.2%から低下した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!