開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/07/30

第2四半期ユーロ圏GDP速報値、前期比+2.0% 伊スペインが好調

ロイター

photo

[ブリュッセル 30日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した第2・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)速報値は、前期比2%増、前年比13.7%増で市場予想を上回った。新型コロナウイルス感染防止のための規制が緩和されたことが寄与した。

ロイターがまとめたエコノミストの予想は前期比1.5%増、前年比13.2%増だった。

第2・四半期は、経済規模で域内3位と4位のイタリアとスペインが前期比で2.7%、2.8%増加したほか、観光が主要産業のポルトガルも4.9%成長した。

一方、域内最大のドイツは前期比1.5%増にとどまり、予想を下回った。同2位のフランスはコロナ規制緩和を背景に前期比0.9%増加で予想を若干上回った。

ただ、域内の多くの国では、感染力の強いデルタ株の拡大で、感染が再び拡大している。

統計局によると、6月のユーロ圏失業率は7.7%で、5月の8.0%から低下した。エコノミストの予想は7.9%だった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!