開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/09/27

LNG先物、試験上場を申請=電力本上場も―東商取

時事通信社



日本取引所グループ(JPX)傘下の東京商品取引所は27日、液化天然ガス(LNG)先物について、3年の期間限定で取引する「試験上場」の認可を経済産業省に申請したと発表した。既に試験上場している電力先物に関しても、常設市場にする本上場を申請した。

これにより、発電燃料のLNGや電力の価格高騰が想定される場合でも、LNGの仕入れ価格と電力販売価格の双方の変動リスクを回避可能にする。電力先物では参加者を法人に限っているが、LNG先物は個人も取引できるようにし、2022年4月の試験上場を目指す。

電力先物は19年9月、3年の期間限定で取引が始まった。出来高の拡大傾向が続いており、東商取は試験上場の終了を待たず、早期に本上場を実現したい考えだ。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!