開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/12

三信電気、MatrixFlowと自治体向け防災ソリューション「水位予測AI」を共同開発

三信電気

photo

 三信電気株式会社(証券コード:8150 本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員 鈴木 俊郎)は、ビジネスのためのAI活用プラットフォームを提供する株式会社MatrixFlow(本社:東京都台東区 代表取締役 田本 芳文)と提携して、全国の自治体向けに、電子機器とAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を活用した「水位予測AIソリューション」を開発、2021年12月から提供を開始しました。

 MatrixFlowの技術を使うことで、従来は"測定"に留まっていた河川水位の"予測"が可能となりました。

 この開発により、水位の増加を事前に察知し、今後起こりうる水害リスクの早期対処に貢献します。

■背景

 近年、豪雨や台風による水害などで深刻な被害が多発しています。主に2級河川以下を管理し直接住民に対して避難指示を行う自治体においては、気象予測だけでなく水位予測を用いて、従来よりも早い段階で水害リスクを把握する必要性が高まっています。

 上記課題に対し、国土交通省では、298の洪水予報河川について、6時間先迄の水位予測情報を提供しています。(※1)

 しかし、全国の河川数は7000にもわたるため、水害リスクの早期把握のためには洪水予報河川以外も含めて、6時間以上の水位予測が求められていると考えています。

 さらに国土交通省は「水害レポート2020(※2)」の中で「国土強靭化に関する施策を効率的に進めるためのデジタル化等の推進」を掲げ、新しいデジタル技術の活用を推進しています。

 上記背景より、三信電気株式会社と株式会社MatrixFlowは、水位センサから送られてくるリアルタイムの水位データ、過去の雨量などの気象実績データ、及び気象予報データを用いた機械学習により、「水位予測AIソリューション」を共同で構築しました。

 これにより、ほぼ全ての河川での1週間後の水位予測が可能になり、早期の水害リスクの把握が可能となります。

 今後、自治体や企業向けに提供を開始します。

※1 http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/r03/101/news_05.html

https://www.sankei.com/article/20210401-EMLGUIGCGVLTJEFRERCLK33FJY/

※2 https://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/pdf/suigai2020.pdf

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!