開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/21

CBDCで決済迅速化も金融安定リスクなど懸念=FRB審議文書

ロイター

photo

[20日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は20日に公表した中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する審議文書で、デジタル通貨「デジタルドル」を開発すれば、決済技術の発展とともに決済スピードが上がり家計に安全な選択肢を提供できるが、金融安定を巡るリスクやプライバシーに関する懸念も出てくるとの見解を示した。

文書には政策提言は盛り込まれず、CBDC開発に関するFRBの姿勢は明確に示されていない。さらに「行政機関と議会からの明確な支持」がなければFRBがCBDCの開発を進めることはないとした。

FRBは文書で「CBDCは、決済システムが進化し続ける中で、家計や企業に安全なデジタル決済手段を提供し、国家間の決済手段を迅速化する可能性がある一方で、マイナス面もある」と指摘。

課題として、金融安定性の維持やデジタルドルが「既存の決済手段を補完する」手段であることを確実にすることを挙げたほか、CBDCの開発に着手する前に米国民のプライバシー保護や不正対策など主要な政策課題に取り組む必要があるとした。

また、CBDCが現行の金融システムを通じて取引されるなら米国のニーズに「最も適している」とした。これは個人がFRBに直接CBDCの口座を持つことはないことを意味するが、FRB幹部はいずれの可能性も排除していない。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!