開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/19

ジュリアス・ベア、新たな中期目標設定 税引前利益率28─31bpに

ロイター

photo

[チューリヒ 19日 ロイター] - スイスのプライベートバンク大手ジュリアス・ベアは19日、今年の目標を据え置いた上で、新しい野心的な2023─25年の中期目標を示した。

25年までに調整後コスト/インカムレシオを64%未満、調整後税引前利益率を28─31ベーシスポイント(bp)とする目標を掲げた。

従来の目標では、22年までにコスト/インカムレシオを67%未満、税引前利益率を25─28bpにするとしていた。

ただ、CET1資本に対する調整後リターンについては少なくとも30%を目標とし、現在の30%超という目標からほとんど変わらなかった。

1─4月は特にアジアで顧客のデレバレッジが進んだものの、仲介手数料と金融商品からの収入は改善した。

ジュリアス・ベアは「金融市場の低迷と顧客ポートフォリオのリスク回避が運用資産に影響を与えたものの、高水準の顧客活動が維持され、グループ粗利益率の大幅な回復につながった」としている。

中間報告では利益の数字は示されなかった。4月末時点の運用資産額は4570億スイスフラン(4636億3000万ドル)。昨年末と比べて5%減少した。調整後コスト/インカムレシオは63%だった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!