開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/24

英公的部門純借り入れ、4月は予想と一致 昨年度分を下方修正

ロイター

photo

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国の今年度最初の月の公的部門借り入れは市場予想とほぼ一致した。昨年度分は70億ポンド以上下方修正された。

国立統計局(ONS)が24日発表した4月の公的部門純借り入れ(国有銀行を除く)は186億ポンド(234億ドル)で前年同月を23%下回った。ロイターがまとめた予想中央値は188億ポンドだった。

公的債務(国有銀行を除く)は2兆3480億ポンド、対国内総生産(GDP)比では95.7%で、3月の96.0%から低下した。

2021/22会計年度(21年4月─22年3月)の公的部門純借り入れ額の改定値は1446億ポンド、GDP比6.1%。4月発表の1518億ポンドから下方改定されたが、政府の予想(1278億ポンド)は上回った。

予算責任局(OBR)は3月、今22/23年度の公的部門純借り入れ額を991億ポンド、GDP比3.9%との予測を示した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!