開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/07/07

仏、EDF完全国有化へ ロのガス停止の可能性に備え=首相

ロイター

photo

[パリ 6日 ロイター] - フランスのボルヌ首相は6日、フランス電力公社(EDF)の完全国有化を計画していると発表した。さらに、ウクライナの戦争に絡み、ロシアのガス供給停止の可能性に備える必要があると述べた。

ボルヌ首相は下院で行った政策演説で「政府がEDFの資本1000%管理する計画を確認する」と語った。

仏政府はすでにEDFの株式を84%保有する。

ボルヌ首相の発言を受け、EDFの株価は上昇に転じ、最大9%上昇した。

ロシアのガス輸出停止の可能性については「フランスも打撃を受けることになる」とし、「極めて厳しい内容であっても、全ての具体的なシナリオを検討する必要がある」とした。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!