• 2022/08/12 掲載

原油先物は小幅安、需要見通し不透明 週間では上昇へ

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
[メルボルン 12日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅安。石油輸出国機構(OPEC)と国際エネルギー機関(IEA)が対照的な需要見通しを示し、不透明感が漂っている。ただ景気後退への懸念が和らぐ中、週間では上昇する見通し。

0112GMT(日本時間午前10時12分)時点で北海ブレント先物は0.34ドル(0.3%)安の1バレル=99.26ドル。米WTI先物は0.34ドル(0.3%)安の94.00ドル。

北海ブレントは先週、インフレ加速と利上げが経済成長や燃料需要に打撃を与えるとの懸念から14%急落したが、今週はこれまで4%を超える上昇。WTIも週間で5%超上昇している。

ウエストパックのシニアエコノミスト、ジャスティン・スマーク氏は「短期的な需要には大きな不透明感がある」とし、それが軽減されるまで市場はしばらく不安定な動きが続くとの見方を示した。

OPECは11日、2022年の世界石油需要増加幅が日量310万バレル(3.2%)となり、前回予想から26万バレル減るとの見通しを示した。一方、IEAは増加幅が日量210万バレルになると予測し、前回予想から38万バレル上方修正した。

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます