Security Management Conference 2022 Summer 協賛各社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/11/04 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
データが台無しに…? 徳丸氏が教える対マルウェア「3つのタイプ別」対策

近年、ランサムウェアやエモテットなどのマルウェアが世界中で流行し、業務停止や高額な金銭の要求など、甚大な被害にあう組織が増えている。マルウェアは変化が激しく、これまでも攻撃と防御のいたちごっこが続いてきたが、抜け出すことはできないのだろうか。主要マルウェアの歴史とその特徴、攻撃から効率的に身を守る方法について、EGセキュアソリューションズ 取締役CTO兼IPA研究員の徳丸 浩 氏に話を聞いた。

マルウェアは社会的な脅威に

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が発表した『情報セキュリティ10大脅威 2022』によると、1位は「ランサムウェアによる被害」、2位は「標的型攻撃による機密情報の窃取」であり、「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」「テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃」と続く。

 近年、マルウェアの被害が拡大していることが分かる結果だが、「侵入の原理はマルウェアが流行したての2000年頃から、20年以上変わっていない」と徳丸氏は指摘する。マルウェアは変化が激しく、攻撃と対策のいたちごっこになりがちだが、それでも脅威に適切に対処していくには基本的な対策が重要であるという。

「根本対策から逃げるのではなく、まずは基本的、古典的な対策をしっかり行いましょう」(徳丸氏)

 徳丸氏はそのように警鐘を鳴らし、2000年頃から流行し始めたマルウェアの歴史や実際に起きた事件を振り返りながら、マルウェアの特徴と対策方法について詳しく解説した。

この記事の続き >>
・年表で振り返る、主要マルウェアとその特徴
・攻撃と防御の「いたちごっこ」、終わりはあるのか
・タイプ別で分かる、有効なマルウェア対策の考え方

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ


関連コンテンツ


処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​