開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社プレイド提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/01/29

リクルートの新規事業は「CX&DXプラットフォーム」の上で育つ 事業開発室が語る秘策

「ゼクシィ」「カーセンサー」など数多くのマッチングサービスを世に送り出してきたリクルート。同社は、新規事業の開発サイクルを高速化するため、「UI/UX」「マーケティング」の基盤統一化に取り組んだ。社内の新規事業に対するインキュベーション、グロース支援を担当するリクルート 次世代事業開発室 グループマネージャーの瀬沼 裕樹氏が、「CX&DXプラットフォーム」を構築した経緯とその成果について説明した。

photo
リクルート
次世代事業開発室 グループマネージャー
瀬沼 裕樹氏

サイクルを早く回し、事業開発の精度を高めたい

 リクルートの代名詞とも言える、数々の新規事業。その創出・育成をミッションとするのがリクルート 次世代事業開発室である。グループマネージャーの瀬沼 裕樹氏は、「どうすれば新規事業開発のパフォーマンスを上げられるか」が課題だったと話す。

「数多く新規事業を回していると、新しく立ち上がった事業やパフォーマンスが上がらなくて撤退するものもあります。私たちとしては、このサイクルをなるべく速く回して、事業開発の精度を高めていきたいと考えていました」(瀬沼氏)

 これまで、新規事業創出に際しては、各事業で別々の仕組みを構築していた。アプリケーションやサービスの開発は共通化されたプラットフォーム上で行われていたが、それ以外の営業やUI/UX、マーケティングといった機能は、各事業で「自分たちで好きなツール、サービスを使っており、運営も統一されていなかった」のである。

 プロジェクトごとに業務やツールが形成されており、「立ち上げ、撤退のたびに“同じ轍(てつ)”を踏んでしまう」ことや「UI/UXの知見がなく、効果的な施策が実施されない」「事業撤退でプロジェクトが解体されると、得られたナレッジもそこで消えてしまい、社内に蓄積されない」といった課題があったのだ。

この記事の続き >>
・課題を解決した「基盤統一」という発想
・CX改善には3つのポイントがある
・CX&DXプラットフォームの全体像、それ自体が事業開発の強みに
・ユーザーを深く知り、新規事業を継続的に創出する

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!