開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社プレイド提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/02/03

「チャット導入には4つの課題がある」数億円の利益生む、IDOMのチャット活用術

消費者の購買行動が変化している中、自社サイトの営業力向上のため、Webチャットの活用を検討するケースが増えている。だが「導入しただけ」にとどまり、具体的な成果や、成果のための改善につなげられていない企業も多い。「中古車のガリバー」で知られるIDOMのデジタルマーケティングを担当する中澤氏は、「チャットを成果につなげるには4つの課題がある」と話す。チャット導入で自社サイト経由の月間営業利益を10%増加させ、チャット単体で数億円の利益増加、自社サイト全体では数十億円の利益を生み出す、その取り組みの全貌を聞いた。

photo
IDOM
デジタルコミュニケーションセクション セクションリーダー
中澤 伸也氏

年間数億円の営業利益がもたらされる「チャット」のインパクト

 人工知能(AI)や自動運転などのテクノロジーの進化や、MaaS(Mobility as a Service)をはじめとするシェアリングエコノミーの台頭などによって、自動車業界は「所有から利用」に向けた大変革期にあるといえる。全国570店舗を擁する「中古車のガリバー」を手がけるIDOMも例外ではない。近年はサブスクリプション型サービスやライドシェアサービスなどの新サービスを提供。さらにAIを活用し、店頭でなくモバイルアプリでも中古車の査定を可能とする「ガリバーオート」というアプリもリリースしている。

 さらに顧客行動も確実に変化しており、IDOM デジタルコミュニケーションセクション セクションリーダーの中澤伸也氏は、同社のサイトにアクセスしてくるユーザーのうち「72.4%はモバイルサイト経由で、ユーザー行動は完全にモバイル中心」だと説明する。

 時代の変遷とそれに伴うユーザーの変化を受けて、当然デジタルマーケティングのあり方も変わらなければならない。IDOMが現在特に注力しているのが、Webチャットを活用した「自社サイトの店舗化施策」だ。

画像
チャットの導入により、大幅な成果を挙げた

 2019年4月に同社は、すでに3年前から行っている会員制中古車チャット相談サービス「クルマコネクト」に加え、自社サイトにKARTEを用いた「オープンチャット(会員登録無しのリアルタイムチャットサービス)を導入。2019年5月~8月の実績を見てみると、チャット導入箇所のコンバージョン(CV)は前年実績との比較で1.55倍、全体利益で10%増となり「目に見えた効果が出ている」と中澤氏。チャットからの直接的な店舗への商談アポイントメントの獲得に加え、相談した人が後日商談に訪れる間接効果も含め、年間数億円規模の利益増額の貢献が見込めると話す。

この記事の続き >>
・チャット導入には「4つの課題」がある
・CTAのPDCAサイクルを回す8つのステップ
・「顧客体験の課題」を定量的に把握できる

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!