開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社プレイド提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/05

顧客体験を上げて競合に差をつける!人とツールの“断絶”を防ぐデータ活用法

オウンドメディアやECを運営する企業が増え、自社サイトでどんなユーザーがどのような行動をしているのかを正確に把握することは、事業を成長させる上で欠かせなくなった。しかし、データ活用の重要性が叫ばれるだけで、集めたデータを顧客体験(カスタマーエクスペリエンス:CX)向上に活用できている企業は少ない。ウィズコロナ時代の荒波の中で、企業の競合優位性を発揮するためのデータ活用方法を探った。

photo
今こそデータを味方に、競合に差をつけたい
(Photo/Getty Images)

データ活用が進まないのは「ツールとユーザーの断絶」に一因

 新型コロナウイルスによって多くの企業が混乱に陥り、岐路に立たされている。この混沌とした経済状況で企業が競合優位性を確保するために、データを活用してDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していくことは喫緊の課題だ。

 しかし、現時点でデータ活用が進んでいる企業は、全体の10%以下といわれる。2018年に公開された経済産業省のDXレポートでは、ITシステムの老朽化、維持管理コストの増大、IT人材の不足などにより、年間経済損失が最大12兆円まで膨れ上がるという「2025年の壁」のシナリオが示された。

 なぜ企業におけるデータ活用は思うように進まないのだろうか。事業運営ではまず仮説を設定し、仮説の確からしさをデータを使って可視化する。次に可視化したデータから打ち手の示唆出しをする。その後打ち手を実施し、仮説が正しかったか検証するというサイクルを回す。そのサイクルが速いほど事業の成長スピードは早くなり、競合優位性が確立されていく。

 しかし、実際にサイクルを回してみると、データの収集・加工・活用という各プロセスで、利用ツールとユーザーの間に“断絶”が起き、コミュニケーションやデータ連携に工数がかかってしまい、施策や検証をスピーディーに行うことができない現実がある。この断絶を解消し、顧客体験を向上させるビッグデータの活用法をプレイドの笠原 元輝氏が解説する。

photo
(グラフィックレコーディング:田中 圭子)

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!