開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2009/08/21

NEC、KDDIが2012年12月商用サービス開始予定の「LTE」無線基地局装置ベンダーに選定

NECは、KDDIの「LTE」無線基地局装置の開発・製造ベンダーに選定されたことを発表した。

 NECは、KDDIが商用サービスを予定している、3.9世代移動通信システム「LTE」の無線基地局装置の開発・製造ベンダーに選定されたことを発表した。

 「LTE」は、W-CDMAの拡張技術HSDPA/HSUPAから発展した移動通信システムの標準規格。データ通信速度は下り100Mbps、上り50Mbps以上の通信を実現し、遅延の改善や周波数の利用効率向上などを目的としたシステムだ。移動通信システムの標準化団体である3GPPにおいて標準化が進められている。NECが提供するLTE無線基地局は、3GPPの規格に準拠する。

 KDDIは、2012年12月に商用サービスを開始する予定であり、au携帯電話に「LTE」を搭載していく計画だ。

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのトピックス

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!