ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2022/10/10 掲載

Aalyriaとはいかなる企業か? グーグルスピンオフ企業が実現する超高速通信テクノロジー

記事をお気に入りリストに登録することができます。
グーグルからまた新たな企業がスピンオフし注目を集めている。新企業の名前は「Aalyria Technologies(以下、Aalyria)」。レーザーを活用した超高速通信技術を開発している。同社発表によると、現時点で最速1.6Tbpsの通信が可能。宇宙空間でも高速通信を可能にするもので、最終的には月や火星など太陽系ならどこでもネットでつながる仕組みが構築されるという。Aalyriaとはどのような企業なのか探ってみたい。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
新企業「Aalyria」の正体を探る
(Photo/Getty Images)

Aalyriaのスピンオフは外部からの資金調達が目的?

 レーザーを活用し、最速1.6Tbpsも可能という超高速通信技術を開発していたチームがグーグルからスピンオフした。企業名は「Aalyria」。9月13日に新しい企業として立ち上げたことが発表されている。

 グーグル社内で極秘に実施されてきた研究開発プロジェクトだが、外部からの資金調達を加速するために、スピンオフさせたとみられている。

 研究開発プロジェクトや企業の詳細に関しては依然謎が多いとされるが、これまでの報道、また同じ分野の研究開発動向や競合企業の動きなどから、Aalyriaがどのような分野でビジネスを展開しようとしているのか、その輪郭が浮かび上がってくる。

 まずAalyria関連のニュースが報じている情報をまとめてみたい。

 米主要ビジネスメディアの1つCNBCは2022年9月12日に、Aalyriaのスピンオフのニュースを伝えている。

 この報道によると、Aalyriaの前身となる研究開発プロジェクトは「Minkowski」というコードネームのもと進められてきた。一方、同プロジェクトがいつ開始されたのか、Aalyriaには何名の社員がいるのかなどについて、グーグルからの回答は得られていない。

 CNBCは、リセッション懸念から広告支出の縮小が見込まれる状況で、グーグルは外部からの資金調達を加速させるために、Aalyriaをスピンオフさせた可能性が高いと指摘している。

 これまでにグーグルからスピンオフした企業としては、ライフサイエンス企業Verilyや自動運転車開発のWaymoなどが挙げられる。

 このうち、Verilyは2015年に、グーグルのライフサイエンス研究開発チームがスピンオフする形で創設された企業だ。Crunchbaseのデータによると、これまでに35億ドルを調達している。このうち10億ドルはアルファベットによるものだが、8億ドルはシンガポールのテマセクから、また10億ドルをテック専門の投資企業Silver Lakeから調達するなど、外部から多額の資金を得ていることが分かる。

 2016年にスピンオフしたWaymoもこれまでに3回の資金調達を実施し、計55億ドルを調達している

 グーグルのAalyria株の持ち分は過半数未満とされるが、その割合は明らかにされていない。グーグルが保有していた知的財産権、特許、オフィスを含むその他資産はすでにAalyriaに譲渡しているという。

Aalyria、国防関連の受注に焦点?

 報道のほか、リリースからも読み取れることはある。

 それによると、Aalyriaは、世界で最も複雑なネットワークを統合・管理できる高度なネットワーク技術とレーザーコミュニケーション技術を開発する企業で、この技術を通信インフラがない場所に拡大することをもくろんでいる。

 同社のテクノロジーは2つに大別される。1つは「Spacetime」と呼ばれるネットワーク統合テクノロジー、もう1つは「Tightbeam」と呼ばれるレーザー通信テクノロジーだ。

 これら2つのテクノロジーを活用することで、現時点で最大1500万リンク、最速1.6Tbpsでの通信が可能になるという。

 リリースでは、すでに米国防総省の商用技術促進部門「Defense Innovation Unit」と800万ドルの契約を締結したことが明らかにされている。

 Aalyriaの経営陣は、クリス・テイラーCEO、ネイサン・ウォルフCTO、ブライアン・バーリットCTO、ダン・ゴドローCFOという顔ぶれだが、テイラーCEOは米海軍出身、ウォルフCTOは米空軍出身であることから、今後も米軍を中心に米国政府機関からの受注が増えることが想定される。

【次ページ】Aalyriaのテクノロジー「Spacetime」

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます