開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • 東大とEMCジャパン、クラウド実現に向けて利用者視点の共同研究を開始

  • 2009/12/17

東大とEMCジャパン、クラウド実現に向けて利用者視点の共同研究を開始

東京大学とEMCジャパンは、クラウド時代のバックアップとネットワーク仮想化に関する共同研究「クラウドネットワークプラットフォーム解析プロジェクト」を開始すると発表した。

 東京大学で同プロジェクトを推進するのは、同大学大学院情報学環の中尾彰宏准教授研究室。クラウド時代に想定される課題は、クラウドプラットフォームへのアクセスの集中や冗長トラフィックの発生がある。同研究室では、この課題の解決策として、データセンターから各端末までのアクセスネットワークを含めた仮想化を考え、従来のネットワークとは違うアクセス方式とそれを実現するルータの提案に取り組んでいる。

 今回発表したEMCジャパンとの共同研究では、その前提となるクラウドのアクセス状況を経路情報に基づいて分析するというもの。来年の1月から12月まで1年かけて行う。具体的には、一般から1,000名のモニターを募集し、米EMCジャパン傘下Decho社の個人向けクラウド型バックアップサービス「MozyPRO」を使ってデータバックアップを行ってもらう。同研究室は、インターネット上のデータの移動経路等の情報を収集し分析する。

 クラウドの実現には、利用者の観点から、データセンターの信頼性だけでなく、ネットワークまでも含めた信頼性の確保が必要になり、そのための現状調査と課題の分析が求められている。同研究は、こうしたニーズへ対応する。

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!