開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/09/01

武田薬品、国内最大規模となる富士通の電子実験ノートシステムを導入し、紙での運用を廃止

富士通は1日、武田薬品工業と共同で、合成実験の計画や結果を電子的に記録し、ナレッジとして共有・活用する国内最大規模の電子実験ノートシステムを構築した。

 富士通は武田薬品工業(以下、武田薬品)と共同で、創薬研究部門の生産性の向上と高度化を促進し業務改革を推進するため、合成実験の計画や結果を電子的に記録し、ナレッジとして共有・活用する国内最大規模の電子実験ノートシステムを構築した。これにより、武田薬品では国内で初めて、合成研究部門における実験ノートの運用を完全に電子化することに踏み切り、紙での運用を廃止した。

 同システムは、富士通がケンブリッジソフト・コーポレーションの電子実験ノートシステム「E-Notebook Enterprise」をベースに、完全電子化運用に対応する機能などを追加開発した、武田薬品の新薬研究基盤だ。従来、研究者が紙に記入していた実験計画や結果は、各自のパソコンから本システムに入力され、膨大なデータがナレッジとして蓄積される。研究者は、構造式やキーワードから関連する情報を検索・参照できるため、新薬の候補物質となる化合物の構造式などの詳細な実験データを各自の研究に応用しやすくなるという。また、過去に行われた類似する実験結果を事前に把握することにより、重複する実験を削減し、コストを抑えることが可能。その結果、合成研究部門全体として、創薬研究の高度化と効率化が期待できるとしている。

photo
電子実験ノートシステムのイメージ

お勧め記事

Office、文書管理・検索 ジャンルのセミナー

Office、文書管理・検索 ジャンルのトピックス

Office、文書管理・検索 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!