開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/10/13

大規模データ処理基盤Hadoop事業に注力、NTTデータと米クラウデラが協業

NTTデータは13日、オープンソースの大規模データ処理基盤ソフトウエア「Hadoop」の普及を目指し、米クラウデラ(Cloudera)と協業すると発表した。10月13日に米国ニューヨークで開催された「Hadoop World:NYC 2010」で発表された。

  Hadoopは、大量データの処理・分析に活用できるとして、金融分野やテレコム分野を中心に導入が進んでいるオープンソースソフトウェア。クラウデラは、Hadoopのディストリビューション(配布用パッケージ)および米国内でのサポートサービスや教育サービスを提供しているほか、オープンソースコミュニティにも影響力を持つ。

 今回NTTデータはクラウデラとの協業に合わせて、Hadoopのディストリビューション「Cloudera's Distribution for Hadoop」を日本国内向けに提供。さらに「BizXaaS Hadoop構築・運用ソリューション」のラインナップとして、Hadoopのミドルウェアサポートサービスや教育サービスを新たに提供する。また、技術開発や技術検証では、両社による共同の取り組みを行っていく。

photo

 クラウデラが開発・提供するHadoopディストリビューション「Cloudera's Distribution for Hadoop」は、オープンソースソフトウェアであるHadoopに加えて、周辺のソフトウエアを組み合わせて構成されたもの。 NTTデータが提供するHadoopのミドルウェアサービスでは、Hadoopだけでなく周辺ソフトウエアであるHive、Pig、Sqoop、Hueなどのソフトウエアも含めたサポートサービスを展開していく。

 クラウデラのCEOであるMike Olson氏は、「金融、公共、テレコム、Web分野をはじめとする多くの企業において、増大するデータの分析ニーズが顕在化しており、クラウデラが提供するプロダクトやサービスへのニーズも高まっています」と指摘。今後両社は、日本市場での大量データ処理のニーズに共同で応えていく。

ITコスト削減 ジャンルのトピックス

ITコスト削減 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!