開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/12/13

SAPジャパン、ID管理ソフト「SAP NetWeaver Identity Management 7.2」を発売 SAML2.0でID連携とSSOサポート

SAPジャパンは13日、ユーザー情報やアクセス権限設定などを一元管理できるアイデンティティ(ID)管理ソフトウェア「SAP NetWeaver Identity Management 7.2 (エスエイピー・ネットウィーバー・アイデンティティ・マネジメント、以下SAP NetWeaver ID Mgmt 7.2)」を本日から提供すると発表した。

 SAP NetWeaver ID Mgmtは、各従業員のロール(役割)と全体的な業務プロセスに合わせて、ID、パスワード、権限情報をIT全体にわたって管理できる製品。

 最新版の7.2では、ビジネスプロセスベースのロール管理、ID連携、シナリオのサポート、SAP集中ユーザー管理からSAP NetWeaver ID Mgmtへの移行、さらにSAP NetWeaver Business Warehouseレポート支援機能などが加わった。

 IDプロバイダー(IdP)とセキュリティトークンサービス(STS)により、WebブラウザベースのID連携とシングルサインオン(SSO)を、SAML2.0でサポート。オープンなプロトコルにより、マルチベンダー環境のクラウド内の異種混合の環境に対応するという。

 また、SAPが提供する集中ユーザー管理であるSAP Central User Administration(以下、SAP CUA)を使ってSAP ERPなどの複数のSAPソフトウェアのユーザーを管理している場合、このSAP CUAからSAP NetWeaver ID Mgmtへツールの置き換えが可能になる。

 さらに、ワークフローやルールベースの自動ロール割当などSAP NetWeaver ID Mgmtの機能を活用でき、ID管理を効率化することができる。

 そのほか、SAP NetWeaver ID Mgmt 7.2に関連するすべてのデータをSAP NetWeaver BWへ抽出でき、履歴の保存、ログの絞り込みなどの解析機能や分析レポートのテンプレート用途で活用できる。

お勧め記事

EAI・ETL・SOA ジャンルのトピックス

EAI・ETL・SOA ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!