開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2008/11/18

【EAI/SOA市場調査】「SOA導入には、自社の強み、弱みを正確に把握する必要がある」

IDC Japanは、国内におけるEAI、SOAソリューション市場の市場規模と2012年までの予測を発表した。

 IDCの発表によると、国内EAI、SOAソリューション市場は、2008年で3,375億円の見込み。前年比5.3%の増加となる。2012年まで年平均5.1%で成長し、同年には4,099億円に達するとしている。

 EAI、SOAともに知名度や導入効果の認知が高まり導入は加速した。両者を比べるとEAI導入は着実に推移したのに対し、SOAはEAIほど進んでいない。ただし、SOAの試験導入の事例は減少傾向にあり、企業がベンダー選定の基準として、「価格」「サポート力」といった実務的な要素を要求していることから、その効果の認識はますます進むとした。

 SOAの効果は、既存のIT資産を利用しながら、ビジネスの変化に柔軟に対応できる点にある。IDC Japan ソフトウェアリサーチマネージャー 井上和彦氏は、SOAが企業に浸透するための条件として、 「SOAソリューションを単なる部分最適化を実現するソリューションと位置づけるのではなく、全体最適化の視点が重要」「企業は自ら強み、弱みを把握し、正しく評価することが必要である」と話す。  

【市場調査】国内EAI/SOA市場 セグメント別投資額予測、2005年~2012年
国内EAI/SOA市場 セグメント別投資額予測、2005年~2012年

EAI・ETL・SOA ジャンルのトピックス

EAI・ETL・SOA ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!