開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/02/01

伊藤忠、米国で太陽光発電システム販売の持株会社を設立

伊藤忠商事は、米カリフォルニアに本拠を置く同社子会社のSolarNetとSolar Depotを経営統合し、持株会社SolarNet Holdingsを設立したと発表した。

 SolarNet Holding は、家庭、商業向けを中心とした太陽光発電システム販売会社。
伊藤忠商事は、2007年6月にSolar Depotを、2009年4月にDC Power SystemsとStellar Energyの運営会社SolarNetを買収した。Solar Depotは米国最大の太陽光発電システム市場であるカリフォルニア州でトップクラスのシェアを誇り、米国で最大クラスのDC Power Systemsの販売ネットワークと融合することで、持株会社SolarNet Holdingsの全米におけるシェアは向上する。

 また、今回の経営統合により管理コストを削減でき、高効率な事業展開が可能となる。新エネルギーやクリーンエネルギー関連を中心とした新規の事業も展開するとしている。

お勧め記事

競争力強化 ジャンルのセミナー

競争力強化 ジャンルのトピックス

競争力強化 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!