開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/10/17

トヨタ、宮城でスマートグリッドを開始 工場に加え工業団地まで省エネ

トヨタ自動車と子会社のセントラル自動車は17日、宮城県大衡村の第二仙台北部工業団地における「F(エフ)-グリッド構想」について、10月14日に国の補助事業である「平成23年度スマートコミュニティ構想普及支援事業費補助金」の認可を受け、構想の実現に向けた本格的な検討・事業化可能性調査を開始すると発表した。

 「F-グリッド構想」とは、工業団地を中心としたスマートコミュニティの実現に向け、「個々の工場」だけでなく「隣接する工場間」「工場と地域」の連携も含めた総合的なエネルギーマネジメントを行うことで、より高いレベルの省エネや再生可能エネルギー利用を推進するもの。エフはFactoryのFの意。

 本構想が実現すれば、工業団地に入居する工場の「環境性」、「経済性」、「セキュリティ性」の向上が期待できるという。

 まずは第二仙台北部中核工業団地において、次の5テーマについて意義(導入効果)や実現に向けた方策を評価・検討していく。

  1. 工場エネルギー自給率の向上
  2. 近隣工場とのエネルギーの融通
  3. 地域エネルギー供給・ネットワーク化(含、被災時の地域エネルギーバックアップ)
  4. 再生可能エネルギーの大規模利用
  5. 工場のエネルギーマネジメントによる省エネ

 また、本調査実施に際しては、トヨタとセントラルが検討主体となり、学識経験者、地域産業(企業)関係者、地域エネルギー事業者、および国の機関、県や地域自治体(大衡村)が参加する「検討委員会」、ならびに実務者レベルによる「ワーキンググループ」を設置し、外部との連携、地域との協力体制を整えながら、課題解決方法の議論を図る考え。調査期間は2011年10月から2012年3月までを予定している。

photo
仙台北部中核工業団地「F-グリッド構想」のイメージ

お勧め記事

新エネルギー ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!