• 2011/10/17 掲載

トヨタ、宮城でスマートグリッドを開始 工場に加え工業団地まで省エネ

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
トヨタ自動車と子会社のセントラル自動車は17日、宮城県大衡村の第二仙台北部工業団地における「F(エフ)-グリッド構想」について、10月14日に国の補助事業である「平成23年度スマートコミュニティ構想普及支援事業費補助金」の認可を受け、構想の実現に向けた本格的な検討・事業化可能性調査を開始すると発表した。
 「F-グリッド構想」とは、工業団地を中心としたスマートコミュニティの実現に向け、「個々の工場」だけでなく「隣接する工場間」「工場と地域」の連携も含めた総合的なエネルギーマネジメントを行うことで、より高いレベルの省エネや再生可能エネルギー利用を推進するもの。エフはFactoryのFの意。

 本構想が実現すれば、工業団地に入居する工場の「環境性」、「経済性」、「セキュリティ性」の向上が期待できるという。

 まずは第二仙台北部中核工業団地において、次の5テーマについて意義(導入効果)や実現に向けた方策を評価・検討していく。

  1. 工場エネルギー自給率の向上
  2. 近隣工場とのエネルギーの融通
  3. 地域エネルギー供給・ネットワーク化(含、被災時の地域エネルギーバックアップ)
  4. 再生可能エネルギーの大規模利用
  5. 工場のエネルギーマネジメントによる省エネ

 また、本調査実施に際しては、トヨタとセントラルが検討主体となり、学識経験者、地域産業(企業)関係者、地域エネルギー事業者、および国の機関、県や地域自治体(大衡村)が参加する「検討委員会」、ならびに実務者レベルによる「ワーキンググループ」を設置し、外部との連携、地域との協力体制を整えながら、課題解決方法の議論を図る考え。調査期間は2011年10月から2012年3月までを予定している。

photo
仙台北部中核工業団地「F-グリッド構想」のイメージ

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます