開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/11/25

売上200億ユーロのシュナイダーエレクトリックCEOが語る、事業戦略と日本市場への取り組み

Schneider Electric Data Center Forum2011 レポート

シュナイダーエレクトリックは、強電・弱電を含むエネルギー事業やビルオートメーション事業、IT事業などの、統合的なエネルギー管理事業をグローバルで展開している。日本国内では傘下のAPCジャパンがIT事業を推進してきたが、10月に「シュナイダーエレクトリック株式会社」に社名変更し統一ブランドで事業を加速させていく。その世界的な事業戦略や日本市場への取り組みについて、同社のCEO ジャン-パスカル・トリコワ氏が語った。

エネルギー問題を包括的に考えるシュナイダーエレクトリック

 シュナイダーエレクトリックは、フランスを本拠地にグローバル展開するエネルギー管理のトップベンダーの1つである。そのシュナイダーエレクトリックが、傘下のAPC(American Power Conversion)ジャパンと企業ブランドを統一し、日本市場での事業拡大に向けてスタートをきった。

photo
シュナイダーエレクトリック CEO
ジャン-パスカル・トリコワ氏
 世界および日本での事業戦略に関して、日本のパートナー企業らと共同で開催したイベント「Schneider Electric Data Center Forum2011」のジェネラルセッションにおいて、同社のCEOであるジャン-パスカル・トリコワ(Jean-Pascal Tricoire)氏が講演を行った。このイベントの基調講演では、衆議院議員の河野太郎氏が日本のエネルギー問題について発表するなど、エネルギー関連企業のプライベートイベントとしては異例のものだった。

 というのは、河野議員は原発問題に関する論客でもあり、長期的には原発ゼロを主張しているからだ。通常であれば、エネルギー関連市場で活動する企業が、脱原発を唱える人を基調講演に呼ぶなど考えにくいのだが、同社のグローバル市場における戦略は、原発エネルギーだけを見ているわけではないようだ。

グローバルなエネルギー問題に取り組む

 トリコワ氏は、新しい事業展開や日本市場での戦略を説明する前に、シュナイダーエレクトリックの概要を紹介した。

 同社は、エネルギー管理、特に電力の効率運用に特化したソリューションをグローバルに展開している。売上規模は200億ユーロ(約2兆円、参考)であり、そのうち24%が北米、24%がアジア・太平洋地域、34%がEU諸国、残りの18%がその他の国だという。11万人以上の従業員が100か国以上で働いており、売上の実に4~5%(日本では7%)をR&Dに投資しているという。

 エネルギー管理ソリューションは、ファシリティマネジメントやインフラ事業と密接に関わるため、サステイナビリティ(地球環境の維持・保全)の視点も重要だと述べ、省エネだけでなくクリーンな工場や新興国への再生可能エネルギーの提案も積極的に行っているとした。

 またR&Dについては、拠点を集中させず、25か国にR&Dセンターを設け、世界中の8,000人の従業員が、45のセンターで働いているという。これは、ソリューションやサービスの開発は、国や地域ごとのニーズや特性を活かし、高い品質を維持するための戦略だと語る。

画像
シュナイダーエレクトリックのグローバル展開

 トリコワ氏は、シュナイダーエレクトリックのアウトラインを以上のように説明した上で、同社の事業戦略がどういったものかを明らかにした。それによると、まず基本的な戦略は「環境に配慮した無駄のないエネルギー管理のため、オープンスタンダードな技術によって、エネルギー管理とITシステムを融合させること」にあるという。

この記事の続き>>  戦略の背景にあるもの──
             スマートグリッド、およびスマートシティ構想がその要

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

競争力強化 ジャンルのトピックス

競争力強化 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!