開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/07/23

仮想デスクトップ市場調査:本格導入・試験導入は7.6%増、業種別で導入にもっとも前向きなのは「金融」

クライアント仮想化(仮想デスクトップ)市場におけるユーザー調査によれば、クライアント仮想化導入率は、本格導入実績が13.5%、試験導入実績が4.8%、導入予定が2.8%、導入検討中が9.9%だった。また、「関心あり、検討なし」とする企業が2割超となった。その一方で、関心なしとする企業の割合は4割を超えて2011年から増加しており、導入検討の2極化が鮮明になった。

2012年はキャズム超えの正念場

 IDC Japanは23日、国内クライアント仮想化(仮想デスクトップ)市場の動向について2012年5月にユーザー調査を実施し、その結果を発表した。これによると、今回のユーザー調査では、クライアント仮想化導入率は、本格導入実績が13.5%、試験導入実績が4.8%、導入予定が2.8%、導入検討中が9.9%だった。

 2011年と比較すると、本格導入と試験導入を合算した導入率は7.6ポイント高まっている一方、「関心なし」とするユーザー企業の割合は4割を超え、2011年から増加している。導入に進むユーザー企業と関心を示さないユーザー企業の2極化が進んでいるという。

 2011年の調査結果と比べると、すべての産業分野、従業員規模において導入率は高くなっている。産業分野別では、1位が「金融」で本格導入と試験導入を合算した導入率は30%を超え、「情報サービス」「製造」「流通/小売/卸売」が続いた。従業員規模別にみると、従業員規模に比例して導入率は上昇している。特に1万人以上の企業では本格導入だけで30%を超えているという。

photo
2012年 産業分野別クライアント仮想化導入状況
Q.クライアント仮想化ソフトウェアあるいクライアント仮想化ソリューションを本格導入/試験導入していますか?

 導入目的に関しては、2011年と2012年を比較すると上位3項目は変わらず、ともに「運用管理の効率化」「セキュリティ対策」「システム可用性の向上」。ただし、1位と2位の「運用管理の効率化」「セキュリティ対策」の回答率が下がり、3位の「システム可用性の向上」の回答率が増加し、この上位3項目を重視する度合いがより平準化されてきた。

 さらに、下位項目の「事業継続性/災害対策」「アジリティ(俊敏さ)」「ワークスタイル変革」「ビジネスモビリティ」は、2011年よりも増加しており、上位3項目以外においても導入目的の重要度の差がより縮小している。経営層とIT管理者の導入目的を比較すると、「アジリティ」「ワークスタイル変革」「ビジネスモビリティ」などについては、いずれも経営層がIT管理者よりも重視している結果となった。

「クライアント仮想化の導入は、全業種、全従業員規模において着実に進んでいる。クライアント仮想化市場は技術の進化と適応業務の増加によって、大きく拡大している。2012年はキャズム超えの正念場となるであろう」(IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリスト 渋谷 寛氏)

 今回の発表はIDCが発行した「2012年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査」(J12170102)にその詳細が報告されている。

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのセミナー

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのトピックス

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!