開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/07/23

沖縄電力グループのデータセンター、CTCのエネルギー利用効率化「ITFMサービス」採用 

CTCは、沖縄電力グループのデータセンターにエネルギー利用効率化サービスを提供した。

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、沖縄電力のグループ会社でデータセンターサービスおよびコンタクトセンターサービスを提供するファーストライディングテクノロジーのデータセンターに、電力エネルギーの効率的な利用を実現する「ITFM(アイティエフエム:IT Facility Management)サービス」を提供した。これにより、ファーストライディングテクノロジーでは、25%の消費電力量の削減を実現したと発表されている。

 ファーストライディングテクノロジーは、2011年11月に「沖縄型グリーンIT実証実験」の計画を策定し、2012年3月まで実証実験を行った。これは、データセンターで空気の流れをコントロールすることによって、高温多湿地域でのデータセンターの省エネ効果を実証するもの。CTCは、本計画に基づいて調査解析を行い、ファーストライディングテクノロジーのデータセンターに対し、ITFMサービスを提供した。

 ITFMサービスとは、CTCが2006年から開始した、オフィスの移転・統合から新規構築までをサポートするサービス。2007年には、サーバルーム設備のセキュリティ強化やエネルギー消費の効率化サービスを開始した。今回、CTCはファーストライディングテクノロジーのデータセンターに対し、外気を活用した空調の効率性、冷気と熱気の混合による冷房の非効率性、空調機の性能等を調査・検証した。検証した施策の中で、最も効果が期待される空気の流れの調整を実施。ファーストライディングテクノロジーのデータセンターの3階部分に仕切り板を設置し、冷気と熱気を区切ることで冷房の効率を向上させ、電力消費量の25%の削減が実現した。

省エネ ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!