• 会員限定
  • 2012/08/24 掲載

Webゲートウェイ・セキュリティ製品シェア:標的型攻撃の増加で注目度が向上、老舗が1位を維持

記事をお気に入りリストに登録することができます。
国内Webゲートウェイ・セキュリティ市場の2011年度の出荷金額は、前年度比19.6%増の55億円に達した。昨今問題視されている標的型攻撃(APT)の増加を受けて注目度が高まっており、2012年度の市場も同20.7%増と引き続き大きな伸びを予測しているという。
 アイ・ティ・アール(以下、ITR)は23日、国内セキュリティ市場動向、およびWebゲートウェイ・セキュリティ市場のベンダーシェアを発表した。調査対象はマルウェア対策、メッセージング・セキュリティ(メール総合セキュリティ、Webメール、メール・フィルタリング、アンチスパム、メール・アーカイブ、メール誤送信防止)、ゲートウェイ・セキュリティ(ファイアウォール/UTM、IDS/IPS、WAF、URLフィルタリング、Webゲートウェイ・セキュリティ)、ディスク暗号化、DLPの14分野。

 結果は以下の通り。

マルウェア対策市場2011年度の出荷金額は前年度比7.3%増、SaaSへのシフト進む
メッセージング・セキュリティ市場2011年度の出荷金額は前年度比7.7%増と堅調。SaaS型のメール総合セキュリティ・ベンダーが同市場の伸びを牽引
ファイアウォール/UTM市場2011年度の出荷金額は同22.5%増と大きな伸び
IDS/IPS市場2011年度の出荷金額は同10.8%増、飽和市場ながらアップグレード需要が安定的に維持
WAF市場2011年度は認知度と需要の高まりによって同29.4%増と大幅な伸び
URLフィルタリング市場2011年度は公共・公益の予算削減で同4.8%増とやや低調
Webゲートウェイ・セキュリティ市場2011年度は前年度比19.6%増と好調
ディスク暗号化市場2011年度の出荷金額は同8.3%増と堅調
DLP市場2011年度は同18.2%増、2012年度は同43.1%増と大幅拡大の見込み

 さらにITRは国内Webゲートウェイ・セキュリティ市場の2011年度の出荷金額とシェアを公開した。これによると、出荷金額は、前年度比19.6%増の55億円に達した。同製品は、昨今問題視されている標的型攻撃(APT)の増加を受けて注目度が高まっており、2012年度の市場も同20.7%増と引き続き大きな伸びを予測しているという。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます