開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/11/12

竹田綜合病院、紙や電子のあらゆる診療記録を統合管理するシステムを導入

富士ゼロックスは12日、財団法人竹田綜合病院に、紙や電子のあらゆる診療記録を統合管理するシステムを提供し、同病院の新病棟「総合医療センター」で稼働したことを発表した。

 竹田綜合病院は、病床数約837床、外来患者年間約25万人で、福島県の会津・南会津医療圏の地域医療再生計画における中核病院。富士ゼロックスは同病院の10月1日の新病棟「総合医療センター」のオープンに合わせ、紙や電子で日々蓄積される診療記録を、同社のソフトウェア「Apeos PEMaster ProRecord Medical」を活用して統合管理するシステムを構築した。

photo
「診療記録統合管理システム」全体概要と「Apeos PEMaster ProRecord Medical」の提供範囲

 竹田綜合病院では1日約10,000件にのぼる診療記録が発生するというが、捺印やサインを必要とする紙文書はもちろん、多様なシステムで生成されたレポートや、患者様が他院から持ち込む診療情報提供書なども含まれており、さまざまな形態で存在する診療記録を管理する仕組みがなく、記録管理の業務の負担や情報の検索性が課題となっていた。

 富士ゼロックスは、同病院が紙で運用している診療記録、部門システムや検査システムで印刷された紙の記録、多様なアプリケーションで作成された電子文書などをすべて汎用的なドキュメント形式(PDFまたはDocuWorks)に統一し、病院の端末で確認できるようにした。「Apeos PEMaster ProRecord Medical」は、院内で稼動する多様なシステムや基幹システムと柔軟に連携できることが特長で、同病院が使用する電子カルテシステムと連携し、カルテ情報と合わせて閲覧することも可能だという。システム導入とともに、新病棟に紙の診療記録を電子化するためのスキャンセンターを構築し、紹介状、同意書、問診票など1日あたり1,300枚を越える紙文書をすべて電子化し、見やすさや患者情報との紐づけに間違いがないかを確認した上でシステムに登録する仕組みを提供した。

 竹田綜合病院は、今回構築した診療記録統合管理システムを長期に記録を保存するバックアップシステムとして、また、将来の地域医療連携を見据えて他病院や診療所との情報共有を効率的に行うための基盤として位置づけている。

ペーパーレス化 ジャンルのトピックス

ペーパーレス化 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!