開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/01/08

Internet ExplorerにPC乗っ取られる脆弱性、Fix it公開

日本マイクロソフトは7日、「Internet Explorer(以下、IE)」の6~8に、悪意のあるWebサイトにアクセスするだけでPCが乗っ取られる脆弱性が見つかったと発表した。

 今回新たに見つかったのはメモリに関する脆弱性で、IE6~8は影響を受けるが、IE9~10は影響を受けない。

 脆弱性を突く仕組みが備わった悪意のあるWebサイトにアクセスするだけで、各種プログラムが実行されるおそれがある。その結果、PCが乗っ取られる危険性もあるという。

 現時点でセキュリティ更新プログラムは未公開だが、代わりに本問題への回避策オプション「Fix it」が提供されている。

Webセキュリティ ジャンルのセミナー

Webセキュリティ ジャンルのトピックス

Webセキュリティ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!