開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/04/17

Windows XPのサポート終了は「2014年問題」となるのか

いよいよWindows XPの延長サポート期間もあと1年で終了となる。マイクロソフトは、XPを使い続けることの危険性をアピールするとともに、移行支援の取り組みも発表し、企業および個人ユーザーに対してPCやOSのアップグレードを呼びかけている。しかし、移行の必要性は理解していても、稼働中の業務システムの入れ替えというハードルは思ったより高い。どのように取り組んでいくべきなのか。

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター、エディター。アスキーの書籍編集から、オライリー・ジャパンを経て、翻訳や執筆、取材などを紙、Webを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは言わなかったが)はUUCPのころから使っている。

XPを使い続けることの潜在的リスク

 Windows XPのサポート期間が2014年4月9日に終了する。通常マイクロソフトは製品サポートを次のバージョンのリリース後2年とプラス5年の延長期間を定めているが、あまりにも市場に浸透した製品だったため、サポート終了が与える影響が大きすぎると判断、さらに5年の期間延長を行った。発売日からカウントすれば実に12年間にわたってサポートしてきたわけだが、その期限が来年というわけだ。

 XPのような古いOSがセキュリティ上の問題になることは、いまさら説明するまでもないとは思う。この欄で何度も触れていることだが、たとえばマルウェアに感染した添付ファイルを開いてしまっても、OSのアップデートが適切にされていれば、感染を防げる可能性は高い。

 セキュリティベンダー各社が発表するレポートでもゼロデイ攻撃は全体の1割前後と決して高くない。もし来年以降もXPを使い続け、マルウェアに感染した、情報が流出した、サイトが改ざんされた、踏み台にされていた、遠隔操作された、といったインシデントを発生させてしまった場合、たとえ被害者であっても対策や認識の甘さを指摘されても文句はいえないだろう。状況によっては、必要な措置を怠ったとして過失責任を問われる可能性もある。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

セキュリティ戦略 ジャンルのトピックス

セキュリティ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!