開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/04/18

クライアント仮想化のROIは全社導入時で 743% IDCが調査結果を発表

IT専門調査会社IDC Japanは18日、2012年に実施した調査および取材をもとに、国内クライアント仮想化市場のクライアント仮想化 ROI(投資対効果)の算出と分析を行い、その結果を発表した。

●クライアント仮想化のROI(投資対効果)は「全社導入」で743.1%
●「全社導入+部分導入」と「全社導入+部分導入+試験導入」のROIは、それぞれ437.7%と359.0%。「全社導入」のROIは突出しており有用性が高い
●前回調査の算出結果と比較すると、投資額はより低くベネフィットはより大きくなっており、クライアント仮想化のROIが向上している事を立証している
 同調査よると、全社導入と部分導入と試験導入を合わせたクライアント仮想化製品平均のROIは359.0%、投資の回収期間は11.6か月だった。これはクライアント仮想化製品を使用することによって、投資に対して約3倍以上の効果が得られ、およそ1年弱で投資コストを回収可能なことを意味する。前回の調査結果(ROI:325.2%、回収期間:13.3か月)と比較するとROIの値が向上し、回収期間は短縮されていることがわかった。

画像
クライアント仮想化製品のROIデータ:導入企業グループ(前者導入+部分導入+試験導入)
Source: IDC Japan, 4/2013

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのセミナー

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのトピックス

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!