開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/07/02

ANA、国内線旅客システムをオープンシステムに移行

全日本空輸(以下、ANA)と日本ユニシスは、ANAの国内線旅客サービスに対応する基幹系システムをオープンシステムに移行し、稼働開始したと発表した。

 ANAと日本ユニシスは、ANAで34年間、汎用機上で稼働してきた国内線旅客システム「able-D(エーブルディ)」について、システム改修を続けたことに起因するシステム自体の硬直化、開発生産性の飛躍的向上が見込めなくなりつつあることなどから、オープンシステムへの移行を検討。

 そこでANAと日本ユニシスは、Unisys Corporationが保有している、オープンシステム上で稼働するエアライン・パッケージソフトウェア「AirCore(エアコア:Airline Core Systems Solutions)」をベースに再構築、全面稼働した。

 ANAは次世代国内旅客システムの基盤として「AirCore」を採用することで、予約システムを大手ネットワークキャリアとしては、世界初のオープンシステムで稼働した。これによって今後、より低コストでより迅速なシステム改修の実施を見込んでいる。

その他基幹系 ジャンルのトピックス

その他基幹系 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!