開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/09/10

ドリーム・アーツ、タブレット使った営業活動をワンストップで支援する「YUKARi」提供

ドリーム・アーツは10日、タブレットを使った営業活動を支援するクラウドサービス「YUKARi(ゆかり)」を提供すると発表した。

 YUKARiは、営業活動に必要なタブレットアプリと販促コンテンツ、またそれらのデザインから制作、環境構築、運用までワンストップで提供するクラウドサービス。サービス提供基盤として、ニフティの「ニフティクラウド」を採用した。

photo
サービス全体の概要図

 YUKARiは、ドリーム・アーツが実際に営業現場でタブレットを利用する中で得たノウハウをもとにしたサービスで、商品・サービスの魅力を引き出すWeb制作やコンテンツ制作、製品ラインアップ全体を共有できる仕組み、ユーザーやグループごとのコンテンツ単位のアクセスコントロールなど、タブレットでの営業支援に関連する機能を一括で提供する。

 発表会で登壇した山本 孝昭社長は、YUKARiが響感(きょうかん)する営業のためのツールであると説明。タブレットを有効活用するうえで強力なツールになるとアピールした。

photo
ドリーム・アーツの山本孝昭社長(右)とニフティの三竹兼司社長

関連リンク
資料作りが「バカのロングテール」になってないか?「IT断食」の是非を問う

 標準で、通知・通達/行動予定/メール/社内SNS/問い合わせDB/営業レポート作成・営業レポート一覧/顧客情報検索/案件情報検索/営業予算管理/営業資料・My書庫といった、営業支援・顧客管理ツールの機能なども備えた。

 オプションで、VOC(お客さまの声)/電子稟議決裁/アンケート調査/見積もり作成などの機能も利用できる。

 価格は以下の通り。11月1日よりサービス提供を開始するという。現在はiPadのみ対応しているが、今後はAndroidやWindows 8搭載タブレットにも順次対応していく予定という。

photo

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!