開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/08/26

企業向けサービス価格、1年連続増 ホテルなど押し上げ 受託ソフト開発など押し下げ

日銀は26日、企業向けサービス価格指数(2010年平均=100)を発表した。これによると、7月は速報値で102.7と前年同月比で3.7%上昇した。消費税増税の影響を除いた上昇幅は0.9%だった。これで、企業向けサービス価格は1年連続で増加したことになる。

 企業向けサービス価格指数とは、運輸や通信など企業間で取引するサービスの価格水準を示すもの。

photo
企業向けサービス価格指数(2014年7月速報)

 7月の速報値では、全147の調査品目中79品目の価格が前年比で上昇した。ホテル宿泊サービス6月よりも前年比で価格を上げる要因になった品目は、や下水道、建築設計、地質調査、建設機械レンタル、自動車保険(任意)など。

 逆に下げる要因になった品目は、テレビ広告や新聞広告、そして高速自動車国道や一般有料道路、貨物輸送、受託開発ソフトウェアなど。

 円安による物価上昇効果は徐々に落ち着いていくとみられ、人手不足などが今後の価格上昇要因になる見通し。

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!