開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/11/09

PwC、新会社「PwCサイバーサービス」を設立 サイバー攻撃からの早期復旧を支援

プライスウォーターハウスクーパース(以下、PwC)は9日、サイバーセキュリティ関連サービスを提供する新会社「PwCサイバーサービス」を設立したと発表した。

 PwCサイバーサービスは、PwC内に設置されていた「スレットリサーチラボ」を前身とし、2015年10月15日に設立された新会社。

 同社では、サイバー攻撃などのインシデント発生時に早期の復旧を支援する「インシデントレスポンスアドバイザリサービス」のほか、脅威・脆弱性情報提供サービス、エンドポイントの監視とマルウェア感染状況・侵入経路の把握、駆除を行うサービスなどを提供していく。

 なお、PwCサイバーサービスの最高執行責任者には星澤裕二、最高技術顧問には名和利男が就任した。同社は今後、3年間で人員を約50名まで順次拡充し、年間売上高10億円を目指すという。

photo
PwCサイバーサービス合同会社概要

標的型攻撃 ジャンルのセミナー

標的型攻撃 ジャンルのトピックス

標的型攻撃 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!